健診の義務化 メタボ予防


折牡・麺.jpg

「病気の早期発見・早期治療」から「病気になる前にまず予防」へ

2008年度から、40歳以上75歳未満の全国民を対象に、健診・保健指導の実施が義務化されました。
その健診の内容はメタボリックシンドローム
(内臓脂肪症候群)予防の必要性に沿った考え方により、少しでも早期に生活習慣病の発生を防ぐことが
目的なのだそうです。
ということでメタボって正確にはどういう事なのか調べてみました。

雨メタボリックシンドロームの診断基準 晴れ

 日本内科学会の8学会が日本におけるメタボリックシンドロームの診断基準をまとめ、2005年4月に公表しました。
 
内臓脂肪蓄積

ウエスト周囲径 男性 85cm以上
女性 90cm以上
(内臓脂肪面積100平方cm以上に相当)
+ 以下のうち
2項目以上

血清脂質異常

トリグリセリド値
150mg/dL以上

HDLコレステロール値
40mg/dL未満

のいずれか、又は両方
血圧高値

最高(収縮期)血圧
130mmHg以上

最低(拡張期)血圧
85mmHg以上

のいずれか、又は両方
高血糖

空腹時血糖値
110mg/dL以上

この中で2つ以上該当すれば立派なメタボです(^^;

* CTスキャンなどで内臓脂肪量測定を行うことが望ましい。
* ウエスト径は立位、軽呼気時、臍レベルで測定する。脂肪蓄積が著明で臍が下方に偏位している場合は肋骨下縁と前上腸骨棘の中点の高さで測定する。
* メタボリックシンドロームと診断された場合、糖負荷試験が薦められるが診断には必須ではない。
* 高TG血症、低HDL-C血症、高血圧、糖尿病に対する薬剤治療をうけている場合は、それぞれの項目に含める。


ちょっと難解で眠くなってしまいますが眠い(睡眠)眠い(睡眠) 
もっと分かりやすくいうと、メタボリック症候群とは
生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)の症状を同時に複数持った状態を言うみたい。
大昔と比べて生活が格段に豊かになったということなんでしょうね。



<ダイエットメニューdeランチ>






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック