戦国時代の食べ物  その3 鮑の黒煮

画像
画像

上越市”謙信公のかちどき飯”のホームページ

説明によりますと

鮑(あわび)の黒煮:鮑を海草と味噌で長時間煮て、周りを黒く仕上げたお料理。鮑は縄文時代から広く食べられていました。


私が直江津で頂いたのは写真のとおり

その時も黒い色は海草との説明でしたが

味噌味がそれほど感じられなかったような

もしかして、戦国時代の味噌だったのかも

ちょっと不思議な味でしたが、前回紹介した

葛ひきの冬瓜や、いずれ掲載予定の

鰯とタケノコなどの糠煮の味に比較したら

だんぜん食べ易いものでした

その他、カモ肉とキスの一夜干しの他はほとんど脂気の無い料理

味もするかしないかというごく繊細な品揃いでしたが

なぜか完食する前に満腹感でいっぱいになったのです
画像


縁の地にて






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント