戦国時代の食べ物 その4 炙り焼き

画像
画像

現代の味としてもなかなか美味でした。

合鴨の胡桃炙り(あいがものくるみあぶり) 
きすの焼き浸し 川えび 串芋(くしいも)
松の実味噌

この献立は「謙信公の膳」と「毘の膳」につきます(過去形かも)


上越市認定 謙信公のかちどき飯ホームページの説明によりますと、牛や鶏などの獣肉は、奈良時代に仏教的な意味合いから禁忌とされて以来、表向きには食されておらず、当時の焼き物の材料には、雉、雁、鴨、鶴などの鳥類と魚、野菜が使われ、塩、酒、味噌、胡桃、唐辛子などで味付けが施されていた。ということです。

串芋は自然薯みたいな芋を軽く焼いた、見た目は白く上品でほくほくして、印象的でした。合鴨はやわらかく豊かで馥郁たる香り 脂が乗りまさに生き物の命を頂いているという厳かな気持ちに。えびは手長えびに似たかりかりとカルシウム満点な味わいでした。胡桃味噌はそれほど自己主張が激しくなく、控えめな脇役になりました。

画像


  料理以外は春日山の春景色
画像

画像

きすの焼き浸し忘れていました。焼いて浸したとは如何なる物?干物を焼いただけではなく何かひと手間か二手間施してあるのでしょうか。今ごろ気になってきました(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント