戦国時代の食べ物 その5 糠味噌煮

画像
画像

いよいよ私の最高金賞、糠味噌煮です

しかし、いくつの入賞があるのでしょうか
真のモンドセレクションは謎であります(笑)

この料理は現代の味として美味しいということは無いでしょう

でも好きな人は好きかもしれません

と言うより、そういう味覚や嗜好を超えている

はるか昔、戦国時代の味を彷彿とさせるロマンいっぱいの力作です

まず一口目で青魚の生臭さと糠の食べにくさを感じますが

イワシと茄子と姫竹・こんにゃくが糠汁にまみれ

ちょっと蒸れたような香りと酸味を感じる鄙びた味わい

さすが、和食はお手の物の料理人による糠味噌煮は

火の通りが絶妙、マズウマ(失礼)が嬉しい

一際印象的な料理でした

これぞ健康食!ということだと納得して食べた記憶


画像


上越市「謙信公のかちどき飯」によりますと、糠味噌とは、味噌の分量を増やすために、糠を味噌の仕込みの時に、一緒に入れて作った味噌。「甚太味噌」とも呼ばれ、味噌同様、汁物や煮物に使われていました。とのことです。

 春日山大手道方面の田

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント