聞き捨てならないけれど、真偽は?

画像
少し長文

通りすがりの酪農家です。牛乳が好きな全ての人のために供給する量を生産するのが私たちの仕事だと思っています。どんな食べ物も人によっては体に合う合わないがあり、牛乳もまた然りであることは誰もが分かっていることでしょう。嫌いな方は飲まなければ良い話です。この著書を批判するわけではないですし、書かれている内容も正しいことも理解できます。ただ、こういった本に流されて「牛乳好きだったけど、体に悪いらしいから飲むのはやめよう」これは生産者としては悲しい限りです。また、売る側は決して甘い汁を吸っているわけではありません。飼料価格高騰、人材不足、低リターンの中で生きるのにも必死な生産者も少なくない。・・・以下省略

 熱中症対策に効果があるという牛乳のことを調べていた。こんな文章が目に付いたのだが、これを読んで真に受けるかどうかは自分の判断。真実を偽る目的でわざとこのような書き込みをしたと思ったとしても自由だ。しかし本当ならなんとも萎える話である。この酪農家は体に悪いことを知っているけれど自分の生業だから飲まない人が増えるのは困ると言う。実際は酪農家でもない、体に悪いことを主張する人間が成りすましで書いたのか?わかりませんが、本当のことが知りたいです(苦笑)というのも、私は牛乳をしばらくの間飲まないで、代わりに豆乳を摂取しているのですが、豆乳では栄養成分の違いから代用にはならない。動物性たんぱく質である牛乳は体に必要である。という牛乳肯定派の主張です。それに対しては、牛乳は体に悪いという根拠として、乳牛は乳を出すために大量にホルモン注射を打たれて、酷使されている。それに抗生物質なども使用?牧草などの餌にも体に悪いものが入っている。(そういえば以前ニクコップンとかいう怖いものがありましたね。)というような事などがネット上の検索で出てくるわけです。実際、今回の震災にあった酪農家が、乳牛たちは体を削ってでも牛乳を出すように出来ているので餌を与えなければならないと言っていたのを聞き、理屈抜きでなんと気の毒なと思ったのです。何が真実かわからないけれど、今はなんだか飲みたくない気分ではあります。


白い花

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年05月25日 23:51
以前・・・「牛乳崇拝者」が「牛乳否定の本」をお読みになり・・「私は間違っていたの???」とお悩みだったことがありました。

私も含め、参加者に意見が求められました。

私は・・

私自身の在り方については

牛乳至上主義の方、牛乳否定の方

いずれにせよ、私が納得出来るデータを頂けたら考えますね。

「飲みたかったら飲む。飲みたくなかったら飲まない。理屈は必要ですか?」

私は無責任なのかもしれませんね。
日常の風景
2011年05月26日 16:43
ベラ様
生き物を商売にすることは大変なことですね。
ある意味心を鬼にしなければやれないでしょう。しかし、自分がもし、乳牛や卵を産む養鶏に生まれ変わったら?と考える想像力は必要ではないかと思います。蛇足ながら現在、私は卵も控えております。萎え~ってやつです

この記事へのトラックバック