戦国時代 国境の味

長野との境目付近

笹ずしは戦国時代から続く食べ物らしい

酢飯の上に胡桃や味噌漬け 

笹や酢は殺菌効果があり実用的

錦糸卵や紅ショウガは何時ごろからあったのか

画像

こちらはおやき

長野県でおなじみだ

画像


野沢菜やあんこ以外にも美味しいものがいろいろ

ナスやかぼちゃ、しめじなど

川中島の観光地内にあるお焼き店のナスは目からウロコが落ちた

かじか亭 笹ずし

おやきは飯山市伊村屋のを焼いたもの



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2011年07月15日 08:49
どちらも、初盆を迎える母の大好物でした・・・あの世にも笹寿司やおやきはあるのやら・・
2011年07月16日 12:46
ベラ様
お母様は長野の方ですか?
私も大好きです
2011年07月16日 15:15
いえ・・母の出身は琵琶湖の近くでした。でも旅が大好きでした。晩年は不自由な身となりましたが、今は自由に遊びまわっていることでしょう。
日常の風景
2011年07月18日 22:49
なるほど。旅好きなら信州は良くいかれたのでしょうね。

この記事へのトラックバック